熊本市中央区南熊本にある南熊本病院の紹介です

リウマチ科

関節リウマチ(RA)とは

・関節炎による腫脹(腫れ)・疼痛(ズキズキとうずくような痛み)・関節の破壊や変形などを主とする症状が見られます。

・発症しやすいとされる世代・性別:30~50歳代の女性

・原因:現段階では不明ですが、いわゆる「自己免疫疾患」と呼ばれる病気の一つで、自己免疫(自身の身体をウイルスなどから守るシステム)が異常を来し、誤って自らの身体を攻撃してしまう事で発症に至ります。

・手や足の指といった小さな関節の腫れ(腫脹)やうずくような痛み(疼痛)が現れ、同時に起床時(朝のこわばり)や関節を長時間動かさないことによってこわばりを自覚する事が多いとされています。また、リウマチの進行に従い軟骨や骨が破壊され、次第に大きな関節(股や膝など)の炎症や破壊へと進行することが一般的です。

・リウマチ治療は可能な限り早期に開始することが重要です。思い当たる症状がある場合はお気軽に整形外科外来にてご相談下さい。なお、来院が難しい方はこちらでもご相談を承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

治療内容

基礎療法・薬物療法(一般的な薬剤と生物学的製剤)により炎症や痛みを抑制しながら、必要に応じてリハビリテーションや理学療法を組み合わせた治療を行っています。

・薬物療法~出来るだけ早期に、抗リウマチ薬を中心とした処方を行い積極的な治療の開始を推奨しております。

・手術療法~人工関節置換術、関節固定術など

リハビリテーション療法~理学療法・装具療法などを行います。

 

PAGETOP
Copyright © 医療法人熊南会 南熊本病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.