熊本市中央区南熊本にある南熊本病院の紹介です

麻酔科

麻酔科とは

当科では、手術を受けられる患者さんへ術前診察、術中の麻酔管理、術後痛のコントロールを行っています。

外来においては患者さんの痛みに対し薬物療法、光線療法、神経ブロック療法などのアプローチにより症状の緩和に努めています。

担当医

担当医 :原 俊史(はら としふみ)副院長

専門分野:麻酔全般・ペインクリニック

資 格 :麻酔科専門医

参加学会:日本麻酔科学会

ペインクリニックについて

ペインクリニックとは読んで字の如く痛み(ペイン)の治療院です。

痛みには「病気によって神経が刺激されて起こる痛み」と「神経が病気になって起こる痛み」があります。
前者は通常病気が治れば痛みも治まりますが、痛みだけ残ってしまう場合があります。
後者は神経が損傷を受けると痛みを取るのが難しくなります。

当科では病中の疼痛、治療後の残存痛、各種神経痛や神経因性疼痛等を軽減させるお手伝いをします。

当科で扱う主な疾患

頭痛・肩こり・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・顔面神経麻痺・帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛・三叉神経痛などです。

治療の基本は神経ブロックです

  1. 星状神経節ブロック
    主に上肢から上(腕、肩、頸、顔面、頭)の痛みに対して有効。
    痛みだけではなく、顔面神経麻痺、突発性難聴、レイノー氏病、頚肩症候群、外傷性頚部症候群(難治例)などにも適応します。
    首に注射するので驚かれますが、ペインクリニックで最も頻繁に施行されている適応範囲の広いブロックです。
  2. 硬膜外ブロック
    主に上肢から下の痛みに対して有効です。
    頚腰部椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、帯状疱疹(ヘルペス)肋間神経痛などに適応します。
    ベッド上で横になってもらい、背中から注射します。
    効かせる部位によって高さ(首~腰)が違います。
    硬膜外腔にチューブを残し持続的に局所麻酔薬を注入することで痛みを抑えることもできます。
  3. その他
    仙骨ブロック・腕神経叢ブロック・後頭神経ブロック・肩甲上神経ブロック・トリガーポイントブロックなど

※ 神経因性疼痛や全身的な痛みに対しては点滴治療もいたします。

スーパーライザーのご紹介

近赤外線治療器(スーパーライザー)による光線照射療法を始めました。これは温かな赤い光(近赤外線)を障害のある部位の血行改善や症状緩和を図ります。また、神経に直接作用してストレスなどで緊張している神経を平常な状態に戻し、より多くの病気への治療効果が期待されます。

首や肩、肘や腰など障害のある部位の神経に5~10分ほど照射します。痛みなどはなく、ほんのり温かく感じる程度です。

最後に

一度注射をしただけで治ってしまう痛みは殆どありません。
しかし、慢性痛や激痛はブロックを重ねることで楽になっていくことが見込めます。
痛みを完全に取ってしまうことは難しいかもしれませんが、過敏になった神経を休ませ、以前より少しでも楽になればと考えています。
当院はペインクリニックと整形外科との連携が密ですので、体の痛み・不快感でお悩みの方はご相談下さい。

PAGETOP
Copyright © 医療法人熊南会 南熊本病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.